脂肪注入豊胸のデメリット

脂肪注入豊胸 パーフェクトガイド

脂肪注入豊胸のデメリット

お腹やお尻などの余分な脂肪を吸引してバストに注入する豊胸術を脂肪注入と呼びます。 理想の体型に近づくことができることから、多くの女性に人気の脂肪注入による豊胸術ですが、この方法にはどんなデメリットがあるのでしょうか? 脂肪注入による豊胸術のデメリットは、やせ形体型の人には向かないという点があります。 余分な脂肪が無い場合、バストアップする量に脂肪が足りないことがあるからです。 また、脂肪も体に必要な要素なので減らしすぎてしまうと思わぬトラブルを起こすこともあります。 また、費用が決して安くない点もデメリットのひとつです。 クリニックによりますが、最低でも50万円はかかると考えておきましょう。 他に、脂肪注入豊胸施術後に、痛みがしばらく続くことも多くの方が実感していますが、湘南美容外科クリニックでは丁寧なカウンセリングを行っていますので、不安なことは何でも相談してみましょう。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸のデメリット・リスク

この記事に関連する記事一覧