脂肪注入 豊胸

脂肪注入豊胸 パーフェクトガイド

脂肪注入豊胸の後遺症

自分の脂肪を注入するためアレルギーの心配も少なく、比較的安全性が高いと言われている脂肪注入豊胸術ですが、やはりメリットだけではなくデメリットもあるということを知っておきましょう。 脂肪注入豊胸術にはまれに後遺症もあります。 多くの女性は術後の経過は順調でほとんど後遺症などは無いものですが、一部の方には後遺症が残ってしまうこともあるようです。 脂肪注入豊胸術の後遺症としていちばん多いのがしこりや石灰化です。 脂肪を同じ個所に多く注入した場合や不純物の多い脂肪を注入することで起こりやすい後遺症です。 しこりは時間がたつと石灰化してしまうので、気づいたら早めに受診するようにしましょう。 他には脂肪吸引をしたお腹やお尻などの部位がいびつになってしまうという後遺症もあります。 手術実績の多い湘南美容外科クリニックのようなところで安心して手術を受けたいものです。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症

脂肪注入豊胸後の内出血

脂肪注入豊胸術の手術後に痛みを感じる場所は、脂肪を注入したバストではなく、太目の針を使って脂肪を吸引した部位、つまりお腹やお尻、太ももなどに強く起きると言われています。 痛みの他に起こるダウンタイムの代表的なものに内出血という症状があります。 脂肪注入豊胸術を行った場合、人によっては内出血の跡が残ることがあります。 体質によっては内出血の色素沈着が長引く方もいるようです。 ただ、多少長引いたとしても術後の内出血はいずれ解消されます。 長引く体質の方は2回目の手術でも同じような症状になることも考えられるため、水着を着たり薄着になったりする季節は避けるなどの工夫をしましょう。 脂肪注入豊胸術のアフターケアとしてマッサージをすすめるクリニックもあります。 湘南美容外科クリニックでは術後のマッサージなどの方法も指導してもらえるので、担当の医師に相談してみましょう。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症

脂肪注入豊胸の痛み

自分の脂肪を使う脂肪注入豊胸術は、バストの仕上がりが柔らかく本物に近い状態にすることができることから、人気の方法となっています。 この豊胸術は、バストに注入するための脂肪を、お腹やお尻など自分の体から注射器を使って吸引することが必要になるため、術後に痛みを感じる方が多いようです。 当然のことながら、脂肪注入豊胸術の手術中には麻酔が効いています。 ほぼ寝ている状態の中手術が行われるため、術中に痛みを感じることはありません。 痛みが出てくるのは、術後麻酔が切れてからです。 痛みの感じ方はひとそれぞれなので、痛みで動けないほどという方から鈍い痛みで激痛ではないという方まで様々です。 その痛みも通常は1週間程度でおさまります。 湘南美容外科クリニックではきちんと痛みどめなども処方してもらえるので安心です。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症

脂肪注入豊胸のしこり

脂肪注入による豊胸術は、自分の脂肪を使うため拒否反応の心配が無く、気になる部分の脂肪をバストに移動することができるのでスタイルが良くなるということで人気のある施術方法のひとつです。 人気のある脂肪注入豊胸術ですが、まれに失敗することもあります。 特に、しこりができてしまったというのは少なくない失敗例です。 脂肪注入豊胸術の後、胸を触ると異物感があったり不自然に盛り上がっていたりすることがあります。 これは脂肪がかたまってしまってしこりができてしまった状態です。 このしこりを放っておくと石灰化が起こってしまうので、早めにクリニックに相談するようにしましょう。 しこりは老化細胞や血液など、不純物が多い脂肪を使ったり、同じ部位に大量の脂肪を注入することで起こりやすくなってしまいます。 湘南美容外科クリニックでは世界最高峰の脂肪吸引装置を使っているので、不純物の少ない脂肪細胞を採取することが可能です。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :    

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症