脂肪注入 豊胸

脂肪注入豊胸 パーフェクトガイド

脂肪注入豊胸後の内出血

脂肪注入豊胸術の手術後に痛みを感じる場所は、脂肪を注入したバストではなく、太目の針を使って脂肪を吸引した部位、つまりお腹やお尻、太ももなどに強く起きると言われています。 痛みの他に起こるダウンタイムの代表的なものに内出血という症状があります。 脂肪注入豊胸術を行った場合、人によっては内出血の跡が残ることがあります。 体質によっては内出血の色素沈着が長引く方もいるようです。 ただ、多少長引いたとしても術後の内出血はいずれ解消されます。 長引く体質の方は2回目の手術でも同じような症状になることも考えられるため、水着を着たり薄着になったりする季節は避けるなどの工夫をしましょう。 脂肪注入豊胸術のアフターケアとしてマッサージをすすめるクリニックもあります。 湘南美容外科クリニックでは術後のマッサージなどの方法も指導してもらえるので、担当の医師に相談してみましょう。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症