脂肪注入 豊胸

脂肪注入豊胸 パーフェクトガイド

脂肪注入豊胸の痛み

自分の脂肪を使う脂肪注入豊胸術は、バストの仕上がりが柔らかく本物に近い状態にすることができることから、人気の方法となっています。 この豊胸術は、バストに注入するための脂肪を、お腹やお尻など自分の体から注射器を使って吸引することが必要になるため、術後に痛みを感じる方が多いようです。 当然のことながら、脂肪注入豊胸術の手術中には麻酔が効いています。 ほぼ寝ている状態の中手術が行われるため、術中に痛みを感じることはありません。 痛みが出てくるのは、術後麻酔が切れてからです。 痛みの感じ方はひとそれぞれなので、痛みで動けないほどという方から鈍い痛みで激痛ではないという方まで様々です。 その痛みも通常は1週間程度でおさまります。 湘南美容外科クリニックではきちんと痛みどめなども処方してもらえるので安心です。 安全!確実!自然!なバストアップなら症例数が豊富な湘南美容外科クリニック はいかがですか?

 

タグ :     

脂肪注入豊胸の痛み・内出血・後遺症